秋田の相続問題を税理士・司法書士がワンストップで解決します。サムライネットは登録商標です。

限定承認の手続きや相続放棄の手続き

画像の説明
画像の説明

 相続が発生すると、相続人する方には、法律上、次の3つの選択肢が与えられます。

  • 単純承認  相続のすべての財産・債務を受け継ぐ
  • 相続の放棄 借金などの相続を回避するために、すべての財産・債務を受け継がない
  • 限定承認  受け継いだ財産の範囲内で被相続人の債務を引き受ける

 このうち、相続の放棄と、限定承認は、相続の開始があったことを知った日から3ヵ月以内に家庭裁判所に陳述する必要があります。

限定承認について

 限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を受け継ぐという、条件付きで相続をする方法です。
 つまり、借金だけしか残らないような場合には、不足分を支払う必要はなく、逆に借金を清算しプラスの財産が残った場合には、プラスの財産を受け継ぐことができます。

⇒遺産がプラスかマイナスかわからないようなときに有効な方法と言えます。

 上記の説明は下記のような図となります。

限定承認の図解



限定承認の注意点

  • 相続開始を知った時から3ヶ月以内に、家庭裁判所に限定承認の申し立てをしなければなりません。

  • 限定承認には、相続放棄者を除く他の相続人全員がそろって行わなければなりません。
    一人でも単純承認をした場合、限定承認を選択することができません。

  • 限定承認をした場合、相続時に時価で被相続人から相続人に譲渡があったとみなすため、譲渡所得税が発生します。
    ただし、限定承認の譲渡所得税の支払いは、本来、被相続人にかかるものなので、相続財産の限度で支払われ、相続人がもとから所有している財産から支払う必要はありません。

 限定承認では、財産目録の作成や相続財産管理人の選任をし、広告手続きや債権者への返済など、煩雑な事務処理を要します。
 間違った相続を行わないよう、相続について知識と経験がある相続・法律の専門家集団"サムライネット"にお問い合わせください。

お問い合わせ



powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional